広島県立広島中学校・広島高等学校 SGHサイト

文部科学省指定校

 TOPICS

R01/05/23

実用英語技能検定取得者数一覧を更新しました。info>>

H31/03/22

実用英語技能検定取得者数一覧を更新しました。info>>

H31/03/13

平成30年度SGH通信第7号平成30年度SGH通信第8号をアップしました。

H31/01/22

実用英語技能検定取得者数一覧を更新しました。info>>

H30/12/20

平成30年度SGH通信第5号平成30年度SGH通信第6号をアップしました。

H30/10/26

平成30年度SGH通信第4号をアップしました。

H30/10/24

平成30年度SGH通信第3号をアップしました。

H30/10/11

実用英語技能検定取得者数一覧を更新しました。info>>

H30/09/28

平成30年度SGH通信第2号をアップしました。

H30/06/26

平成30年度SGH通信第1号をアップしました。

H30/03/12

実用英語技能検定取得者数一覧を更新しました。info>>

H30/02/09

平成29年度SGH通信8号を発行しました。

H30/01/15

実用英語技能検定取得者数一覧を更新しました。info>>

H29/11/10

平成29年度SGH通信第7号を発行しました。

H29/10/30

平成29年度SGH通信第6号を発行しました。

H29/10/13

平成29年度SGH通信第5号を発行しました。

H29/09/07

平成29年度SGH通信第4号を発行しました。

H29/09/06

実用英語技能検定取得者数一覧を更新しました。info>>

H29/08/31

平成29年度SGH通信第3号を発行しました。

H29/07/21

平成29年度SGH通信第2号を発行しました。

H29/06/16

平成29年度SGH通信第1号を発行しました。

H29/05/17

実用英語技能検定取得者数一覧を更新しました。info>>

H29/03/21

実用英語技能検定取得者数一覧を更新しました。info>>

H29/03/17

SGH通信第15号を発行しました。

H29/02/16

平成28年度第2回SGH運営指導委員会を行いました。info>>

H29/02/07

SGH通信第14号を発行しました。

H28/12/16

実用英語技能検定取得者数一覧を更新しました。info>>

H28/12/09

SGH通信第13号を発行しました。

H28/11/18

SGH通信第12号を発行しました。

H28/11/07

SGH通信第11号を発行しました。

H28/11/02

SGH通信第10号を発行しました。

H28/10/25

SGH通信第9号を発行しました。

H28/10/14

SGH通信第7号を発行しました。

H28/10/06

SGH通信第8号を発行しました。

H28/09/28

SGH通信第6号を発行しました。

H28/09/13

SGH通信第5号を発行しました。

H28/09/06

実用英語技能検定取得者数一覧を更新しました。info>>

H28/09/01

SGH通信第4号を発行しました。

H28/08/25

SGH通信第3号を発行しました。

H28/08/22

SGH通信第2号を発行しました。

H28/08/05

8月1日(月)2日(火)にグローバル問題研究夏季集中講座を行いました。info>>

H28/07/21

SGH通信創刊号を発行しました。

H28/06/21

SGH課題研究①東広島市役所講演会を行いました。 info>>

H28/06/15

平成28年度第1回SGH運営指導委員会を行いました。info>>

H28/06/14

SGH課題研究①広島修道大学講演会を行いました。info>>

H28/06/03

平成28年度立命館アジア太平洋大学広島ピースツアーを開催しました。info>>

H28/05/02

本校SGHの研究開発協力者の,イーストウエストセンター(アメリカ・ハワイ州)のナムジ・スタイナマン准教授が来校され,授業を参観されました。参観の様子はこちら>>

H28/03/30

SGH海外フィールドワーク②inオーストラリアを終え帰国しました。info >>

H28/03/16

SGH海外フィールドワーク②inオーストラリアに出発しました。

H28/03/08

高校第1学年は持続可能な社会研究講演会を行いました。

H28/03/02

SGH海外フィールドワーク②inオーストラリア,グローバル体験(台湾)最終説明会を行いました。

H28/02/29

SGHパフォーマンス評価研修を行いました。

H28/02/25

EQI教育機関によるSGH海外フィールドワーク②inオーストラリア事前研修会を行いました。info >>

H28/02/20

SGH海外フィールドワーク②inオーストラリア事前研修会を行いました。info >>

H28/02/15

平成27年度第2回SGH運営指導委員会を行いました。info >>

 SGH NEWS

H30/12/11
台湾・英語キャンプin広島 参加者来校 
7月10日開催予定の台湾・英語キャンプin広島が,西日本豪雨のため延期され,5ヶ月遅れの実施となりました。台湾の高級中学7校からの生徒14名及び引率者1名が来校され,バディとともに授業に参加しました。一緒に昼食をとったり,放課後箏曲部演奏を聞いたり,お互い授業以外のところでも充実した一日を過ごすことができたようです。


 

H30/10/06-07
高校2年生修学旅行延泊 海外フィールドワーク③in Hawaii 
海外フィールドワーク③in Hawaiiでは,18名の生徒がハワイに残り,課題研究に向けた研修を行いました。第1日目は5グループに分かれ,islanderの支援を受けながら環境問題,多文化理解,移民の歴史等,様々なトピックに関連のある施設を訪れ,積極的に質問をするなどして研修に取り組みました。

フィールドワーク2日目はアリゾナ記念館を訪れ,展示や映像を通して新たな視点で戦争や平和について考えることができました。また,Pacific Aviation Museum ではThe dicision centerという災害支援に関するワークショップを行い,コミュニケーションやリーダーシップの大切さについて体感しました。2日という短い時間でしたが,多くの出会いと学びがあり,最後のプレゼンテーションでは全員の成長を感じました。

 

H30/08/24
インド中高生と交流

インドから中高生10名と教員3名が来校し,高校1年生と中学校3年生の授業に参加されました。短い時間ではありましたが,高校1年生がバディを務め,授業や昼休憩を共にし,英語で意思の疎通を図り,インドと日本の中高生に共通する点や異なる点に気づくことができました。

 

H30/08/19
全国高校生社会イノベーション選手権優勝!

東京大学工学部社会システム基盤学科主催の全国高校生社会イノベーション選手権(イノチャン)に高校2年生の2チーム9名が参加しました。指定された課題を解決する社会イノベーションのアイデアと,その創出プロセスを競いました。「日用品としても役に立つ防災グッズ」が今回の課題でした。まずは自然災害発生時の課題を洗い出した上で,日用品に工夫を加えて,その課題を解決できるグッズのアイデアを考え出しました。一次審査を通過した9チーム中,本校の1チームが見事優勝しました!

 

H30/08/05-09
海外フィールドワーク① in フィリピン

4泊5日で,フィリピンのスモーキーマウンテン等での研修や,フィリピンサイエンスハイスクール等において,現地学生とのディスカッションを行う,海外フィールドワーク①inフィリピンを実施しました。
1日目は,トンド地区のスモーキーマウンテンを訪れ,地区のキャプテンから説明を受け,警備員とともに周囲を見てまわりました。日本との違いに驚きを隠せないようでした。その後,フィリピン科学技術省に行き,技術員からフィリピンの水とごみの問題について,詳しく説明してもらいました。
2日目は,フィリピンサイエンスハイスクールを訪問しました。6月に数名,本校を訪れた生徒がバディとして1日一緒に行動してくれました。自己紹介を経て,それぞれの国の印象を述べ合う中で,交流が深まり,最後には非常に仲良くなっていました。
3日目は,LYCEUM大学を訪問しました。キャンパスツアーをしてもらった後,現地学生たちとディスカッションを行いました。お昼からは,フィリピンの歴史に関するフィールドワークを行いました。
今回の研修では,フィリピンの環境問題や歴史という観点で,様々な場所を訪れました。また,高校や大学を訪問し,多様な考えを持った学生と交流し,新たな視点を得ることができたのではないかと思います。
参加した生徒が,今回の研修を経て,これからいろんな場面で活躍してくれることを期待しています。

 

H30/07/31
グローバル問題研究夏季集中講座

7月31日(火)高校1年生105名を対象に、グローバル問題研究夏季集中講座を開催しました。
生徒達は9つのグループに分かれ,在外広島県人会の高校生17名と広島大学の留学生8名と、平和について英語で意見を交換を行いました。高校2年生9人が各グループでファシリテーターとして進行役を務めました。各グループで出た意見を模造紙にまとめ発表会を行いました。


 

H29/10/05-06
海外フィールドワーク③ in ハワイ

高校2年生のハワイ修学旅行後に,グローバルクラスの希望者19名が2日間延泊をして,SGH事業である「海外フィールドワーク③in ハワイ」を行いました。
10/5(木)午前中は参加者全員でPearl Harbor,Arizona Memorialを訪問しました。音声ガイドを聞きなら,展示などを見学しました。午後は卒業研究のテーマによって,5つのグループに分かれてフィールドワークを行いました。各グループにハワイ大学の学生が一人引率し,SEEQS(学校)やJapanese Cultural Center,Bishop Museum,Doctors On Call等を訪問し,施設や展示物の見学や,インタビュー等を行いました。ホテルに帰ってからは,翌日に向けての振り返りを行い,パワーポイントを使って発表準備を行いました。
10/6(金)午前中は,昨日に引き続きハワイ大学の学生と共にMid Pacific(学校),Plantation Village,Shriners Hospital,Bishop Museum,ハワイ大学を訪問しました。午後はハワイフィールドワークのまとめとして,グルーごとに作成したパワーポイント資料を使って,プレゼンテーションを行いました。発表の仕方を全体で共有し,グループごとに大学生とICCの先生に丁寧に指導していただきました。できるだけ原稿を読まないで,聞き手を意識して英語で発表することは難しかったようですが,どのグループも素晴らしい発表ができました。

 

H29/08/07-08/11
海外フィールドワーク①inフィリピン
8月7日(月)~11日(金)に,SGHの課題研究テーマである「持続可能な社会の構築」のためにフィリピンの環境,貧困,開発などをテーマに,フィールドワークや現地の高校生,大学生とのディスカッションを行う海外フィールドワーク①in フィリピンを実施しました。高校1年生4名が参加し,現地の学校の生徒と交流したり,スモーキーマウンテン・科学技術省・歴史地区等を訪問したり,現地でしかできない活動,まさにフィールドワークを行ってきました。参加生徒は,これまで日本では体験したことのない経験を通して,社会に対する新しい視点を発見していました。

 

H29/07/31-08/01
グローバル問題研究夏季集中講座
7月31日(月)~8月1日(火)に,持続可能な社会を構築するグローバル・リーダーを育成することを目的に,グローバル問題研究夏季集中講座を実施しました。本講座では,本校の高校1年生56名が,国際協力の実際や異文化間コミュニケーションについて学び,広島大学の留学生14名・在外広島県人会の同年代の生徒14名との異文化交流を行い,世界のゴミ問題について英語で議論しました。2日間の異文化協働活動を通して,グローバルな諸課題に対する議論やワークショップ等で成果物をまとめることができました。

 

H29/08/07
東広島市役所 市長訪問
8月7日(月)13時から,高校3年生1人と高校2年生4人の5人が東広島市役所を訪問しました。3年生はフィールドワークに基づいて取り組んできた課題研究の成果や気づき等について,また,2年生4人はこの度のフィールドワークを通じて学んだことや気づき,これからの研究に結び付けたいことについて,それぞれ蔵田義雄市長に報告しました。
その後,意見交換会,記念撮影を行い,蔵田市長が市内で一番好きなスポットだと勧めていただいた10階の展望ロビーで西条の街並みを一望しました。滞在時間約50分の充実した時間を過ごしました。この度,このような機会をいただき,蔵田市長をはじめ市役所の皆様に感謝いたします。

 

SGH関連行事予定表

  ※下の画像をクリックするとPDFが表示されます。

H28SGH
平成28年度第2回SGH運営指導委員会 

H28SGH
平成28年度第1回SGH運営指導委員会 

H28
第1回
パフォーマンス評価研修会

H27SGH
平成27年度第2回SGH運営指導委員会

H27SGH
研究発表会

H27SGH
平成27年度第1回SGH運営指導委員会 

H27
平成27年度パフォーマンス評価研修会
 

スーパーグローバルハイスクール研究開発構想

研究開発名

「持続可能な社会の構築に貢献できるグローバル・リーダーの育成」
 

研究開発の概要

 研究開発の目的は,すべての人が“善く生きる”ことのできる持続可能な社会の構築に貢献したいという「高い志」を持ち,その実現のために,故郷「広島」に対する深い理解・愛着を持ちながら,国内外の異なる文化的背景を持つ人々と協働して,新たな価値を創造できるグローバル・リーダーを育成するために,カリキュラム・指導法・評価法の開発,及び環境整備を行うことである。そのために,グローバル・リーダーに必要なコンピテンシーについて教員・生徒が共通の認識を持った上で,その育成に向けて,総合的な学習の時間における「課題研究」と各教科での「パフォーマンス課題」を有機的に関連させた取組を行う。その際,生徒が自己の行動を振り返り,それを概念化することを習慣化させることにより,生徒の「汎用的能力」を育成する。また,各教科においてパフォーマンス課題を中心に据えた授業改善により「深い知識・技能」「英語力」も育成する。さらに「持続可能な社会の構築」をテーマに,多様な他者とのディスカッション,諸外国(フィリピン,オーストラリア,ハワイ等)や広島県内におけるフィールドワーク,プロジェクト学習等により,知識と実社会を結び付けながら探究し,最終的には3年時に英語で論文にまとめるといった課題研究を通して,「高い志」をはじめとするコンピテンシーを育成する。

Outline

  • 部   署
  •  学校経営担当(SGH課題研究推進部)
  • 住   所
       739-2125
  •  広島県東広島市高屋町中島31-7
  • 創   立
  •  平成16年4月
  • 学校長
  •  吉村 薫 
  • Tel : 082-491-0270  Fax : 082-434-7023
  • mail : hcyuko@hirosihima-c.ed.jp