広島県立広島中・高等学校

広島中学校・広島高等学校概要

校務運営規定

(目的)
第1条   この規程は,法令及び広島県立高等学校等管理規則第18条の規定に基づき,広島県立広島中学校及び広島県立広島高等学校の校務運営に関し,必要な基本的事項を定め,円滑かつ効果的な学校運営を推進することを目的とする。
(校長)
第2条  校長は校務をつかさどり,所属職員を監督する。
(事務部長)
第3条  事務部長は,学校経営に関し校長を補佐し,校長の命を受け,中学校及び高等学校の業務を統括する。  
(教頭)
第4条  教頭は校長を助け,校務を整理する。
(主幹教諭)
第5条  主幹教諭は,校長及び教頭を助け,命を受けて校務の一部を整理し,並びに生徒の教育をつかさどる。
(指導教諭)
第6条  指導教諭は,生徒の教育をつかさどり,並びに教諭その他の職員に対して,教育指導の改善及び充実のために必要な指導及び助言を行う。
 指導教諭は,第14条で定める各教科会に置く主任(以下,「教科主任」という。)の担当する校務を統括し,必要に応じて教科主任会議を招集し,主宰する。
(学校経営担当)
第7条  校長は,校長の職務の円滑な執行を補助させるため,学校経営担当を中学校,高等学校に置く。
 学校経営担当に主査を置く。主査は,主幹教諭を補佐し,校務分掌間の総合調整を行うとともに,所掌事項について連絡調整及び指導・助言に当たる。
 主査は,学校経営担当会議を招集し,主宰する。
 主査の命免は,校長が行う。
 学校経営担当会議は,原則として,中学校,高等学校の合同で開催する。
(校務運営会議)
第8条  校長は,校長の職務の円滑な執行を補助させるため,校務運営会議を中学校,高等学校に置く。
 校務運営会議は,学校経営方針に基づき,学校全体の業務に関する企画立案及び連絡調整を行う。
 校長,事務部長,教頭,主幹教諭,指導教諭及び第16条で定める主任等のうち教科主任を除く主任等で構成する。
 校務運営会議は,校長が招集し,主宰する。
 校務運営会議は,原則として,中学校,高等学校の合同で開催する。
(職員会議)
第9条  校長は,校長の職務の円滑な執行を補助させるため,職員会議を中学校,高等学校に置く。
 職員会議は,校長が必要と認める事項について,教職員間の意思疎通,共通理解の促進,教職員の意見交換などを行う。
 職員会議は,常勤の教職員で構成する。
 職員会議は,校長が招集し,主宰する。
 職員会議は,原則として,中学校,高等学校の合同で開催する。
(事務室組織)
第10条  事務室の事務は庶務,会計,管財の事務とする。
(校務分掌組織)
第11条 校務の分掌に関する組織は,次のとおりとする。
(1) 
 中学校
ア 部   学校経営担当,教務,生徒指導,進路指導,保健,舎務
イ 学年会   第1学年,第2学年,第3学年
ウ 教科会   国語,社会,数学,理科,音楽,美術,保健体育,技術・家庭,総合的な学習の時間,
  外国語,道徳,ことば
エ 委員会  入学者選抜委員会,研究推進委員会
(2) 
 高等学校
ア 部   学校経営担当,教務,生徒指導,進路指導,保健,舎務
イ 学年会   第1学年,第2学年,第3学年
ウ 教科会   国語,地理歴史,公民,数学,理科,保健体育,芸術,外国語,家庭,情報,総合的な学習
  の時間
エ 委員会   入学者選抜委員会,研究推進委員会
(部)
第12条  校長は,校長の職務の円滑な執行を補助させるため,部を中学校,高等学校に置く。
 部に主任等を置く。主任等は,所掌事項について連絡調整及び指導・助言に当たる。
 主任等は,部会議を招集し,主宰する。
 主任等の命免は,校長が行う。
 部会議は,原則として,中学校,高等学校の合同で開催する。
(学年会)
第13条  校長は,校長の職務の円滑な執行を補助させるため,学年会を中学校,高等学校に置く。
 学年会に主任(以下,学年主任)を置く。学年主任は,所掌事項について連絡調整及び指導,助言に当たる。
 学年主任は,学年会議を招集し,主宰する。
 学年主任の命免は,校長が行う。
(教科会)
第14条  校長は,校長の職務の円滑な執行を補助させるため,教科会を中学校,高等学校に置く。
 教科会に主任を置く。教科主任は,所掌事項について連絡調整及び指導・助言に当たる。
 教科主任は,教科会議を招集し,主宰する。
 教科主任の命免は,校長が行う。
(委員会)
第15条  校長は,職務の円滑な執行を補助させるため,次の委員会を中学校,高等学校に置く。
(1) 
 入学者選抜委員会
(2) 
 研究推進委員会
 委員会に主査を置く。主査は,所掌事項について連絡調整及び指導・助言に当たる。
 主査は,委員会を招集し,主宰する。
 主査の命免は,校長が行う。
(主任等)
第16条  主任等の名称は,次のとおりとする。
 (1) 
 教務主任,学年主任,生徒指導主事,進路指導主事,保健主事,舎監
 (2) 
 学校経営担当主査
 (3) 
 入学者選抜事務主査(第1班,第2班)
 (4) 
 研究推進委員会主査
 (5) 
 国語科主任,社会科主任,地理歴史科・公民科主任,数学科主任,理科主任,保健体育科主任,芸術科主任,英語科主任,技術・家庭科・情報科主任,総合的な学習の時間主任,道徳主任,ことば科主任
(体罰,セクシャルハラスメント相談窓口)
第17条  生徒が安心して学校生活を送るとともに,教職員が職務能率を十分発揮できるような勤務環境を確保するため,体罰及びセクシュアル・ハラスメント相談窓口を置く。
 当該相談窓口は管理職を含む複数の教職員が担当するものとし,男性教職員および女性教職員で構成する。
(学校評議員)
第18条  広島県立高等学校等管理規則第16条の3の規定に基づき,学校に学校評議員を置く。
(学校関係者評価委員)
第19条  広島県立高等学校等管理規則第4条の3の規定に基づき,学校に学校関係者評価委員を置く。
(学校衛生委員会)
第20条  労働安全衛生法及び広島県立学校職員衛生管理要綱第9条の規定に基づき,学校に学校衛生委員会を置く。
(防災委員会)
第21条  消防法第8条第1項の規定に基づき,学校に防災委員会を置く。
不祥事防止委員会
第22条  教職員の規範意識を高め,学校全体として不祥事の根絶に向け,教職員が組織的・主体的に不祥事防止に取り組むため,学校に不祥事防止委員会を置く。
(情報管理委員会)
第23条  情報セキュリティ確保を図るとともに,本校が保有する情報資産を適正管理するため,学校に情報管理委員会を置く。
(特別支援教育委員会)
第24条  特別支援が必要な生徒への具体的な支援について協議し,組織的な校内支援体制を構築し,特別支援教育を推進するため,学校に特別支援教育委員会を置く。
いじめ防止委員会)  
第25条  組織的な校内体制を構築することによって,いじめ防止等を推進するための機関としていじめ防止委員会を設置する。
(雑則)  
第26条  この規程の実施に関して必要な細則は,校長が別に定める。
(附則)  この規程は,平成16年4月1日から施行する。
 平成17年3月31日一部改正,この規程は,平成17年4月1日から施行する。
 平成18年3月31日一部改正,この規程は,平成18年4月1日から施行する。
 平成19年3月31日一部改正,この規程は,平成19年4月1日から施行する。
 平成21年3月31日一部改正,この規程は,平成21年4月1日から施行する。
 平成21年5月14日一部改正,この規程は,平成21年5月15日から施行する。
 平成22年1月14日一部改正,この規程は,平成22年1月15日から施行する。
 平成22年3月31日一部改正,この規程は,平成22年4月1日から施行する。
 平成24年3月31日一部改正,この規程は,平成24年4月1日から施行する。
 平成25年8月20日一部改正,この規程は,平成25年8月21日から施行する。

▲ページの先頭へ戻る