高い知性・豊かな感性・強い意志

グローバル化時代に活躍できる人材の育成をめざします

詳しくはこちら

令和3年度入学者選抜について

広島中学校・広島高等学校の入学者選抜はこちら

詳しくはこちら

令和3年度入学者選抜について

広島中学校・広島高等学校の入学者選抜はこちら

詳しくはこちら

グローバル・リーダーの育成

持続可能な社会の構築に貢献できる人材を育む

詳しくはこちら

  • 令和3年度 大学入試結果
  • 広島版「学びの変革」推進寄付金
  • 令和3年度 大学入試結果
  • 広島版「学びの変革」推進寄付金
CLOSE
入試について

更新情報

令和3年4月16日
行事計画(5月)をアップしました。
令和3年4月12日
校内通信をアップしました。
令和3年4月9日
KENHIRO NEWSをアップしました。
令和3年4月1日
令和3年度大学入試結果をアップしました。
令和3年4月1日
生徒指導規定をアップしました。

KENHIRO NEWS

中学校高校

4月7日(水) 第十八回中学校・高等学校入学式

4月7日(水)に第十八回広島県立広島中学校,広島高等学校入学式を行いました。入学式では,諸藤校長先生は,「お互いがお互いを大切にし,みんなが目標に向けて努力を楽しめる学校づくりを,共に進めて行きたいと思います。共に頑張りましょう。」と式辞を述べられました。

校長式辞全文はこちら

中学校高校

4月6日(火)就任式・第一学期始業式

4月6日(火)に就任式・第一学期始業式を行いました。始業式では,諸藤校長先生は,「細心の注意を払いながら,できる工夫を考えて,本当にみんなが努力を楽しめる学校を創っていきましょう。そのためには,お互いがお互いを大切にし,お互いを気遣うことのできる集団でありたいと思います。」と式辞を述べられました。

校長講話全文はこちら

高校

Stanford e-Hiroshima表彰式

3月30日(火)に,スタンフォード大学主催のオンライン講座Stanford e-Hiroshimaを受講していた卒業生の梅下華琳さんがZOOMによる課題研究発表を行いました。Stanford e-Hiroshimaでは一昨年9月から12月まで経済,平和,環境問題などのトピックに関してオンライン上での講義や討論に参加し,研究報告書を書きました。参加者の中でも最優秀賞(Stanford e-Hiroshima Award)に選ばれ,スタンフォード大学の配信する表彰式に参加し,研究テーマである「スタンフォード大学に学ぶ産学連携」について英語で発表しました。 >>詳しくはこちら

高校

WWLの「国内フォーラム」(3月27日)

3月27日(土)にWWLの「国内フォーラム」がWeb開催されました。本校からは高1と高2の11名の生徒が参加しました。この日は20本の課題研究の発表が行われ, 県外からは長崎県立長崎東高等学校,神戸市立葺合高等学校,渋谷教育学園渋谷高等学校(発表順)が加わりました。本校からは学校枠で高2の船戸数君,WWL探究プログラムから高1の高田結妃さんと高2の坂本真侑さんが研究発表を行い,他のメンバーは司会や質疑応答などで活躍しました。 >>詳しくはこちら

中学校高校

3月19日(金) 第三学期終業式

本年度の第3学期終業式は,新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から,中学校と高等学校で時間を分けて別々に行いました。終業式で諸藤校長先生は,「明日から春休みに入ります。ここで今一度これまでの自分を冷静に振り返って仕切り直しましょう。そして,4月6日には,みんな元気に新年度を迎えたいと思います。新入生も入学してきます。しばらくはコロナに気を付けながら,みんなで力を合わせて,本当にみんなが努力を楽しめる学校を創っていきましょう。」と述べられました。
校長講話(中学)全文はこちら校長講話(高校)全文はこちら

高校

食品ロス削減レシピ入選!

東広島市が行う「食品ロス削減レシピ募集」に中学3年生,高校1年生全員が家庭科の授業の一環として,取り組みました。よく考えられたレシピが沢山あり,多数の生徒の作品を市役所のロビーに展示して頂きました。特に家庭で食品ロス削減に取り組みやすく,アイディアがあふれている等の観点から3人の生徒の作品が入選しました。
   最優秀賞 中学3年倉西真央さん「キャベツまるごとドライカレー」
   優秀賞  高校1年平岡怜さん 「オールスター野菜の和風パスタ」
   奨励賞  高校1年中村結奈さん「なんでもありチヂミ」 >>詳しくはこちら

高校

自然素材(蘇芳)で染色にチャレンジ!

高校1年生の家庭科で,染色にチャレンジしました。自然素材の繊維・染料を知ることで,環境に配慮した衣生活のあり方を考えることができました。また,国語便覧の古典学習の章に載っている古代の色と名称(蘇芳,紅,緋,朱など)を知ることができました。昔の人がどのような色にときめいていたのか考えてみると楽しいです。 >>詳しくはこちら

高校

3月17日(水)高校1・2年生 合格者体験講演会

令和3年3月17日に広島大学,九州大学,東京大学に合格した卒業生5名を迎え,成果が上がった具体的な学習方法や部活動との両立,志望校のどんなところに魅力を感じて頑張り続けることができたかなどについてのお話を聴く講演会を実施しました。
1・2年生の生徒にとって,身近な先輩からより具体的なお話を聴くことで,進路意識が高まり,今後の学校生活と学習方法について考える良い機会になったと思います。 >>詳しくはこちら

高校

3月17日(水)広島国泰寺高校の研究発表会への参加

3月17日(水)に広島国泰寺高校で「令和2年度広島県立広島国泰寺高等学校 課題研究成果発表会兼 WWL拠点校・共同実施校・連携校合同発表会」が行われました。本校はWWL連携校として,高校2年生の村岡咲音さんが研究発表を行い,WWL「高度なコミュニケーション」の高校1年生三宅結衣さんと山崎麻菜美さんが質疑応答に参加しました。この日の行事は丸一日を使い,200を超える研究発表が行われる大規模なものでしたが,村岡さんの発表は批判的思考力を発揮した,多角的な視点の光るものでしたし,1年生も積極的に挙手して英語でやりとりをしました。 >>詳しくはこちら

高校

3月16日(火)第十五回広島県立広島高等学校卒業証書授与式

3月16日(火)に第十五回広島県立広島高等学校卒業証書授与式を行いました。式で諸藤校長先生は,「今社会では,『自分で考え,判断して,物事を進める力』が求められています。この県広で培った力を土台に,次のステージでしっかり磨きをかけ,社会で存分に活躍してくれることを,教職員一同,心から期待しています。」と式辞を述べられました。

校長式辞全文はこちら

中学校

3月16日(火)第十五回広島県立広島中学校卒業証書授与式

3月16日(火)に第十五回広島県立広島中学校卒業証書授与式を行いました。式で諸藤校長先生は,本校教育の柱である「ことば科」を中心に,各教科の勉強を通して身に付けた力について,「これらの力は,今後の人生において大きな力に繋がっていくものと思います。高等学校でもさらに磨きをかけてください。」と式辞を述べられました。

校長式辞全文はこちら

高校

3月13日(土)広島大学との「学術交流」

広島大学教育学部のグローバル教員養成プログラムの学生さんは,毎年本校の授業を参観してこられましたが,今年度から「学術交流」として,高校生が研究を披露しその内容を巡って協議するイベントが始まりました。今年度はWeb開催で,本校からは高1と高2の11名の生徒が参加しました。テーマは「平和」とし,WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)やひろしまジュニア国際フォーラムでの体験を元にした考察を発表した後にグループディスカッションを行いました。「平和」は奥深く幅広いテーマです。国や文化によって捉え方も違います。(写真は9月に行われたWWLの活動の一コマ) >>詳しくはこちら

高校

高校1・2年生 夢ナビゲーターヴィジット実施

本校卒業生を迎え,所属している組織での生活や,中学・高校生活を振り返ってのお話を聴く講演会を実施しました。普段であれば卒業生に来校していただき,直接講演していただくのですが,コロナ禍のため,東北大学の味戸さんはリモートでの参加となりました。
高校1・2年生の生徒たちは,熱心にメモを取り,頷きながら聞き入っていました。質疑応答の時間には活発に手が挙がり,とても充実した時間となりました。「こういうことは先輩から実際に聞かないとわからないことだから,本当によい機会になったと思います」という生徒の感想がありました。 >>詳しくはこちら

<
   
中学校

第2回「ecoプロジェクト キャラクター募集コンテスト」
最優秀賞受賞

第2回「ecoプロジェクト キャラクター募集コンテスト」において中学校1年生の中野杏里紗さんが「最優秀賞」を受賞しました。中野さんは,「環境から海を考え,貝を持っているラッコを思いつきました。エコをイメージし,お腹に芽を描きました。」と作成について語ってくれました。>>詳しくはこちら

                        
<
   
中学校

2月16日(火) JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2020の表彰について

中学校第3学年の引地莉子さんの作品が,中学生の部16,956作品の中から佳作に選ばれ,2月16日(火)に本校にて表彰式を行いました。あわせて,本校は,学校賞も受賞しました。 >>詳しくはこちら

今年度のKENHIRO NEWS一覧

ページの先頭へ